家庭用脱毛器を使うときは保冷剤が必要

家庭用脱毛器を使うときは保冷剤を用意します。保冷剤は脱毛前と脱毛後に肌を冷やすために使います。脱毛サロンでは脱毛前に冷却効果のあるジェルを塗って肌を保護し、脱毛後はアイスパットや冷たいタオルで冷やしています。

保冷剤を使わないとやけど、赤み、ヒリヒリ感などがでます。

脱毛前に冷やすのは脱毛時に発生する熱を抑えるためです。光脱毛は光の熱エネ
ルギーを毛根に吸収させて処理しています。このときに肌も熱を持ちます。そのため、保冷剤で冷やします。
また、冷やすことで熱さや痛みを軽減できます。

脱毛後は肌が熱を持っているので冷やしてあげます。冷やさないと乾燥がひどくなります。光を照射したらその都度保冷剤を肌に当てて冷やします。素早く冷やしてやけどを防ぎましょう。

夏場は保冷剤が溶けてしまうので注意が必要です。保冷バッグなどを用意して、光を当てているときはその中に入れて溶けるのを防ぐとよいです。冷却機能がついている脱毛器だと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BizStudio by Sketch Themes